事故車買取タウで廃車の際の必要書類

廃車代行会社をお探しですか?
【永久保存版】廃車買取業者おすすめ17選をまずご覧ください。廃車業者の比較と口コミを掲載しております。あなたにあった最適な廃車会社をお選び下さい。

事故車買取タウで廃車を依頼した場合の必要書類をご紹介いたします。

必須書類

車検証(普通車・軽自動車)

車検を通し自動車を陸運局に登録した際に必ず発行される書類です。自動車に関する全ての情報が記載されています。万が一紛失してしまった場合は、普通車は顛末書を追加する必要があります。軽自動車の場合は、最寄りの軽自動車検査協会で車検証の再発行手続きが必要です。

ナンバープレート(普通車・軽自動車)

一般的には普通車は白色、軽自動車は黄色のナンバープレートが取り付けられています。自動車一台にそれぞれ専用の番号が用意されています。廃車の際には陸運局に返納します。放置車両等でナンバープレートを紛失している場合は、警察に届出を行い顛末書の提出が必要となります。

リサイクル券(普通車・軽自動車)

自動車リサイクル法に基づいたリサイクル料金が納付されている事を証する書面です。紛失していても、リサイクル料金が納付されていれば問題ありません。長期放置車両等でリサイクル料金未納付のものもごくまれにあります。この場合は、自動車解体前に納付する必要があります。

印鑑証明書(普通車)

普通車の廃車申請書類は実印の押印と印鑑証明書の添付が求められます。普通車は資産としての価値が高い為だと言えます。

委任状(普通車)

普通車の名義変更を委任する為の委任状です。この場合は、事故車買取のタウに対して委任を行う委任状となります。実印の押印が必要です。

譲渡証明書(普通車)

普通車の売却を行い譲渡をした事を証する書面です。実印の押印が必要です。

申請依頼書(軽自動車)

軽自動車の名義変更等を委任する際に必要となる書面です。認印の押印が必要で実印は不要です。

実印(普通車)

実印は普通車の廃車申請書類の「委任状」と「譲渡証明書」に押印します。

認印(軽自動車)

軽自動車の廃車申請には実印での押印は不要で、全て認印での押印で済みます。

顛末書(普通車・軽自動車)

普通車の車検証や普通車及び軽自動車のナンバープレートを紛失した際に提出する書面です。

特殊なケース

車検証記載の情報が異なる場合

  • 所有者

車検証の所有者欄が信販会社やディーラーの場合は、所有者の委任状と譲渡証明書と印鑑証明書が必要です。所有者に自動車を売却する旨を伝えて「所有権解除」に必要な書類一式を郵送してもらいましょう。まだローンが完済できていない場合は、ローンの借り換えサービスがあります。

  • 住所

車検証記載の住所が現住所と異なる場合は、前住所と現住所の繋がりが分かる「前住所記載の住民票」か「戸籍の附票」が必要です。

  • 氏名

車検証記載の氏名と現氏名が異なる場合は、氏名が変わった事が分かる「戸籍謄本」が必要です。

相続が必要な場合

所有者が亡くなっている自動車の廃車を行うには、まず相続申請を行い、所有者名義を相続人に変更する必要があります。相続申請には、遺産分割協議書及び、故人の除籍謄本・原戸籍謄本が必要です。

口コミをみる
廃車買取業者おすすめ17選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です