廃車買取は事故車買取タウの解説と評判

事故車買取のタウは、埼玉県さいたま市中央区に本社を構える株式会社タウによって運営されています。日本全国23の支社営業所を構え、全国に営業を展開している事故車買取のタウのオススメポイントを紹介していきたいと思います。

廃車代行会社をお探しですか?
【永久保存版】廃車買取業者おすすめ17選をまずご覧ください。廃車業者の比較と口コミを掲載しております。あなたにあった最適な廃車会社をお選び下さい。

カー・トリアージ

事故車買取のタウの名称通り、タウのメインの商材はもちろん事故車です。ただ、事故車はダメージの大きさによって修復可能なものもあれば、根本的に修復不可能なもの、また市場価値的に時価よりも修復費用が高価になるものもあります。

カートリアージとは、これら事故車をとりまく多くの要因を見極め、その事故車の最も適した使用方法を見つける概念の事です。3つの利用方法とは、事故車の「修復利用」・「部品利用」・「素材利用」の事を指します。買い取った事故車を安直に輸出したり部品取りを行ったりスクラップにしたりを行わずに、その事故車を最大限生かす方法を考えるからこそ事故車であれ高い収益率を実現しています。ただ、それが利益の最大化につながっている事は間違いないですが、ユーザーからの高価買取に直接つながっているとは言い難いです。

多様な海外販路の構築

事故車買取のタウのメイン商材は事故車です。事故車を仕入れ最も効率よく利益を上げる方法はもちろん修復を行い中古車として再販売を行う事です。中古車販売のポータルサイトを見ていると、割とたくさんの「修復歴あり」の商品車がある事に気づきます。日本の中古車市場においても意外と沢山の事故車が中古車として流通しています。ただ、やはり古くなればなるほど自動車としての市場価値は下がってきます。市場価値の下がった事故車はもちろん手間をかけて修復して販売しても利益が上がり辛くなりますので、当然部品取りかスクラップになります。これが日本国内のお話。

ただ、こういった日本では市場価値がかなり低くなった自動車でも、海外に目を向ければ日本車はその品質の高さから絶大な人気があります。特に新興国ではかなり古くて程度の悪い日本車でもまだまだ現役で販売されています。

タウは世界110ヵ国にこういった中古車の輸出先を確保していますので、日本国内では再販できない事故車を世界に向けて輸出して販売しています。事故車には一定の買取相場はあるものの、実際の修理費用から逆算しないと実際の時価が分かり辛いので、ユーザーにとっては不利な買取価格が付きやすいので注意が必要です。

全国23か所の営業拠点

事故車買取のタウには、全国23か所の営業拠点が存在します。それは北は北海道から南は沖縄まで正に全国展開を行っています。この巨大組織タウの成長を支えているのは言うまでもなく、事故車のリユース事業です。多くの廃車買取店がオンライン上のみで営業をするのに対して、タウは全国に支社営業所を構え徹底した対面営業にこだわっています。もちろん対面営業の安心感はありますが、実際にはオンライン営業の利便性にはかなわないかもしれませんね。更に、23支店の出店コストを考えると、それが買取価格を下げる要因になっています。普通の中古車買取ではなく、相場があってないような事故車買取においてタウの巧みな買取戦術が功を奏していると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です