廃車完了後に事故車買取タウから取得出来る廃車証明書

埼玉県さいたま市に本社があり、廃車買取専門店の中でも事故車買取に強味を持つ事故車買取タウは株式会社タウによって運営されています。全国23か所、北は北海道から南は沖縄まで支店支社を構築するタウに廃車を依頼した後に取得出来る廃車証明書についてご紹介いたします。

廃車代行会社をお探しですか?
【永久保存版】廃車買取業者おすすめ17選をまずご覧ください。廃車業者の比較と口コミを掲載しております。あなたにあった最適な廃車会社をお選び下さい。

廃車後に取得出来る廃車証明書

事故車買取がメインビジネスのタウですが、もちろん故障車や古くなった自動車の廃車手続きも依頼出ます。廃車に係わる事は基本的に無料で依頼でき、また廃車買取出張査定も自動車の保管先まで来てもらえます。廃車手続きは、軽自動車、普通車それぞれに永久抹消・一時抹消の2種類が存在します。永久抹消は自動車をスクラップにする廃車方法なので、事故や故障のダメージが大きすぎて修復できない場合に行います。一時抹消は一時的な廃車なので、事故や故障の状態が比較的軽度な場合や、事故をしていても自動車としての価値がまだ残っている場合に行います。普通車を永久抹消した場合は「登録事項等証明書」、一時抹消した場合は「登録識別情報等通知書」、軽自動車を永久抹消した場合は「検査記録事項等証明書」、一時抹消した場合は「自動車検査証返納証明書」が廃車の証明書としてそれぞれ発行されます。

廃車証明書取得方法

廃車の手続きは全てタウが行いますので、廃車証明書の原本は株式会社タウの元にあります。廃車後に廃車証明書の原本は特に必要になる事はありませんので、廃車証明書の写しを取得する事になります。

取得方法は、廃車後、廃車前いずれかにタウの担当スタッフかサービスセンターに依頼するだけです。廃車完了後に廃車証明書の写しが郵送されてきます。電話で依頼するのが一般的ですが、タウの営業中であれば、ホームページ上にチャットサービスもありますので活用しましょう。

還付金手続き

廃車証明書の提出が必須になるのは、廃車後の各種還付金の手続きと自動車保険の中断時だけです。自動車税、自動車重量税の還付金がある場合の還付金申請はタウに代行してもらえます。自賠責保険料の還付申請が必要な場合は、廃車後廃車証明書が届き次第速やかに加入先の損保会社で自賠責の解約手続きが必要です。また、廃車にした自動車にかけてある自動車保険を中断する場合も、廃車証明書の提出が必要なので、これについても廃車証明書が届き次第速やかに加入先の損保会社で手続きを行いましょう。

まとめ

廃車後に取得出来る廃車証明書には4種類があり、自分が廃車を依頼した自動車の普通車と軽自動車の別と廃車方法によって取得出来る証明書が変わります。廃車後に廃車証明書の写しを取得出来ますが、タウに郵送してほしい旨を伝える事で取得出来ます。また廃車証明を提出する先は、基本的に自賠責保険解約申請時と自動車保険中断申請時のどちらも損保会社となりますので、廃車証明書取得後は紛失しないように気をつけましょう。税金の還付金請求はタウに代行を依頼出来ますが、還付金の額等は事前にシミュレーター等を使って自分で調査しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です