事故車買取タウで人気の廃車買取ランキング

世界100ヵ国以上に独自の販売ルートを構築する事故車買取タウ。その名の通り、事故車を買取り、海外に流通させるところに強味をもっています。そんな事故車買取のタウではどのような車種が人気買取車種なのでしょうか。今回は事故車買取タウの人気買取ランキングをご紹介いたします。

1.年式の古い事故車

事故にあって廃車にするかどうか悩んだ事のある方は意外と多いかもしれません。しかし乗っている車がかなり年式の古い車で、取り敢えず悩むことなく廃車にされた方、実はそれもったいなかったりします。

事故車買取タウで人気の買取車種は、実は事故車の中でも年式の古い車種なんです。年式が古くて更に事故車?廃車でしょ?いくら綺麗に補修を行っても、そもそも日本国内での年式の古い事故車は、自動車としての価値はほぼゼロに近いと言えます。その為、多くの方は年式の古い事故車を廃車にされますが、タウでは買取価格がつく場合がほとんどです。

事故車買取タウはこういった年式の古い事故車であっても、海外100ヵ国に独自の販路を構築していますので、より日本車のニーズの高い国に輸出を行います。

また、こういった新興国では、自動車の修理技術が追い付いていない為に、最新の技術が使われている年式の新しい自動車よりも、単純な構造の年式の古い自動車の方が持てはやされる傾向にあります。年式の古い自動車は故障リスクは上がりますが、現地での修理が可能なのです。

これにより、いくら年式の古い事故車であっても海外では高いニーズがあるのです。

2.年式の古い不動車(故障車)

長年乗った愛車も古くなり、ついに故障してしまった。これを機会に新車に乗り換え!こういったパターンで車を乗り換える方って結構いますよね。古い自動車は乗り換えの際に新車ディーラーでお金を払って廃車。このパターンも大いにありがちです。しかしそういった古い故障車でも事故車買取タウではお値段付きます!

前述の通り、特に年式の古い自動車は構造が簡単なので、修理も簡単です。更に言うと事故で大きなダメージを負った自動車に比べて、故障車の方が自動車へのダメージも少なく、修理費用も安く上がります。その為、日本国内では即廃車にするような故障であっても、海外では普通に修理され日本車は現役で走行します。これも、海外100ヵ国に独自の販売ルートを構築する事故車買取のタウだからこそです。

3.軽自動車

軽トラック等、一部の車種しか海外輸出が行われない軽自動車ですが、中でも事故でダメージを負った軽自動車は買取台数が多いと言えます。事故車をメインに扱う事故車買取のタウでは、事故車の修理を行い海外輸出をする場合と、事故にあった状態のまま輸出を行う2パターンが存在します。この為、事故車の修理にはかなりノウハウがあり、軽自動車の事故車については修理後にリセールが行われます。これにより、かなりのダメージを負った軽自動車であっても、事故車買取タウでは非常に綺麗に修理ができますので、買取価格が付くワケなんです。もちろん中古パーツとしても高いニーズがあります。

4.重機

あまり知られていませんが、日本製の重機は日本製の自動車と同様かそれ以上の高いニーズが新興国にはあります。それは日本製の重機の高い品質からくるものです。日本ではもうスクラップにされるような古い重機であっても、土木工事の盛んな新興国ではまだまだ現役で使う事が出来ます。こういった重機は自動車よりもはるかに高値で取引されており、また新興国においても修理のノウハウも蓄積されています。また重機の修理の際に使う中古パーツは海外でも非常に高いニーズがありますので、故障不能な重機であっても、中古パーツとしての価値は驚く程あります。事故車買取タウでは中古パーツとしての輸出も行っておりますので、より高値での買取査定を実現しています。

5.トラック

重機と同様に、土木工事の盛んな新興国において高いニーズがあるのは自動車の中でも現場工事向けに作られているトラックです。特にディーゼル車は、日本国内では排ガス規制の強化により古いトラックは国内での走行すらままならなくなる状態です。しかしそんな古いトラックは新興国ではひくてあまた。日本国内ではスクラップ待ったなしといった状態のトラックであっても、事故車買取タウではかなりの高値査定を行っています。これも世界100ヵ国以上に独自の販路を切り開いている事故車買取タウの強味と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です