廃車王の中古車買取の実績紹介

廃車業界で唯一の組合が運営する廃車王は、廃車買取業者の中では最も巨大な組織です。そんな廃車王もクルセルオススメ業者ランキングでは12位と、なかなかその巨大な組織力を生かし切れていない印象です。加盟店毎のサービスの品質のばらつきの問題はかねてから指摘されていますが、中古車の買取の場面ではどうなのでしょうか。廃車王の中古車買取の実績を元に分析していきたいと思います。

廃車代行会社をお探しですか?
【永久保存版】廃車買取業者おすすめ17選をまずご覧ください。廃車業者の比較と口コミを掲載しております。あなたにあった最適な廃車会社をお選び下さい。

トヨタ ハイラックスサーフ

買取価格:99,700

年式:1999

排気量3000cc

走行距離:116032km

トヨタが世界に誇る本格派SUVハイラックスサーフは世界でもランドクルーザーと人気を二分する高い評価を得ている名車中の名車です。非常に高い走破性や乗り心地、更にハードワークにもの耐え故障の少ない高耐久性と、その人気を裏付ける品質も持ち合わせています。その為、道路舗装が未発達な発展途上国であっても、先進国においてもどちらでも高い人気があります。もちろん日本国内での中古車の流通量も減ってきており、国内でも高い人気は衰えていません。

そんな名車中の名車ハイラックスサーフが、走行10万キロ超えと言えどもこの買取価格は非常に安い印象を受けますね。更に言うと買取価格99,700円の中には自動車税の精算金29,700円が含まれていますので、実質的な買取価格は70,000円なんです。これは安いです。

トヨタ カローラ

買取価格:95,330

年式:2002

排気量1500cc

走行距離:84322km

壊れないという神話が信じられている程高品質トヨタの代名詞がカローラです。国産大衆車の代名詞ともいえるこの自動車は、非常に高い品質から東南アジアやアフリカ等、新興国市場で引く手あまたの人気を誇ります。走行もまだ8万キロ台のこちらの車両は年式が古くても新興国市場では高級車。もちろん日本国内での役目は終えたと言えますので、海外に輸出される車種です。買取価格には重量税と自賠責保険の精算金併せて45,330円が含まれており、実質買取価格は50,000円です。これはカローラ以外の大衆車ではまずつかない買取価格ですね。

トヨタ タウンエースバン

買取価格:35,000

年式:2000

排気量2000cc

走行距離:406574km

タウンエースバンは商用車として安価ながら沢山の荷物を積むことができ、かつ壊れにくく高耐久な自動車というニーズを全て満たし、商業バンで最も成功した車種と言えるかもしれません。こちらの車種は何とガソリンエンジンで走行距離何と40万キロ超えです。年間2万キロ超えの走行を新車時から毎年続けてやっと到達できる走行距離、大きな故障もなくここまで走行出来るのはトヨタ高品質の神髄とも言えます。海外でも人気の高い日本の商用バンですが、さすがにこの距離になると値段は無いに等しいと言えます。こちらも自動車税の精算金の除くと実質買取価格は20,000円です。鉄スクラップとしての買取価格ですね。

トヨタ パッソ

買取価格:40,100

年式:2004

排気量1000cc

走行距離:122793km

女性向けに作られた可愛いデザインが印象的なパッソは、コンパクトカーの中でもとっても燃費の良い車種です。軽自動車より車内も広く、軽自動車よりもよく走る。ただ軽自動車よりも維持費がかかかる為、今や軽自動車に完全に人気を奪われてしまったのがコンパクトカーです。特に海外輸出される事もなく、年式と走行距離を考えると日本国内では完全にお役御免な一台ですが、実質買取価格は20,000円。鉄スクラップとしてもこれは意外な高価買取と言えますね。

ダイハツ ミラ

買取価格:10,000

年式:2001

排気量660cc

走行距離:33380km

昔ながらの軽自動車本来のコンパクトボディーを身にまとい、それでいて大人4人が乗れるスペースと軽量ボディを武器に今なお現行モデルが販売されている歴史深いミラ。現在ではトールサイズでスライドドア搭載の車種に人気を奪われていますが、それでも扱いやすいボディサイズの人気は不動です。こちらの車は年式こそ古いですが走行距離3万キロ台と、この点が魅力なので買取価格が付いた感じですね。逆に言うと走行距離が少なくまだ乗れる場合でも、年式が古いと買取価格が付きにくいと言えますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です