廃車買取の絶対王者!廃車本舗高価買取の秘密!

クルセルで比較している廃車買取業者17社の中でも、絶対王者でありダントツ人気を誇っているのが廃車本舗です。新車ディーラーの様に大通り沿いに出店している訳でもなく、初めて名前を聞いた方も多いかもしれません。そんな廃車本舗の人気の秘密、それはもちろん他社を圧倒する廃車の高価買取にあります!今回はそんな廃車本舗の高価買取の秘密についてご紹介いたします。

廃車代行会社をお探しですか?
【永久保存版】廃車買取業者おすすめ17選をまずご覧ください。廃車業者の比較と口コミを掲載しております。あなたにあった最適な廃車会社をお選び下さい。

徹底したコストカットで買取価格に還元

あらゆる商材は需要と供給のバランスで相場が決まります。もちろん中古車も需給バランスで販売相場が形成されますので、闇雲に高値で廃車を買い取る事は出来ません。そんな中、廃車買取業界で廃車本舗が高値買取を続けられる理由、それは徹底したコスト削減で廃車買取価格に還元しているからです。

自社解体工場で直接解体

廃車本舗を含めクルセルで比較している17社の廃車買取業者の中で、自動車解体工場を自社で所有している業者は実はわずかです。多くの業者は、インターネット上で廃車買取の募集を行っていますが、実際の解体や引取はその地域の廃車の専門業者と業務提携をして「外注」しているのです。外注をする事により、もちろん外注先に「マージン」が発生してしまいますのでコストが増してしまいます。

廃車本舗は自社の解体工場を国内に3箇所所有していますので、そもそも買い取ってきた廃車を「外注」せずに解体が可能です。余計な中間マージンをかける事なく、自社工場で廃車を鉄スクラップ化・中古パーツ化を行っていますので、この削減した中間マージンを買取価格に反映しています。他社では査定価格がつかずに「0円買取」となった車両であっても、廃車本舗では買取価格がついてしまうからくりは、徹底した自社解体にあったんですね。

直接海外販売

廃車買取業者のビジネスモデルの一つに、「海外輸出」があります。かなり古くなった自動車や事故車等に修理等を施し、中古車としてのニーズが薄まった日本国内ではなく、旺盛なニーズがある海外で販売を行うというものです。海外輸出は廃車買取専門店にとって大きな収益源の一つで、廃車本舗もこれは同じです。

ただ、廃車本舗が他社と違うポイントは、海外の輸出ネットワークも自社で開拓しているところです。

日本国内には、海外からかなり多くの中古車バイヤーが日本車の買い付けに訪れています。東南アジアや中東圏、アフリカ圏等、非常に様々な国のバイヤーが集っており、多くの廃車買取専門店が、買い取った自動車をこういった海外のバイヤーに販売しています。

廃車本舗はこういったバイヤーに販売するのではなく、日本車のニーズが旺盛な東南アジアを中心に直接の販路を構築していますので、ここでも中古車バイヤーに対する余計な中間マージンを省いています。日本車のニーズがある国では、同じように中古パーツのニーズも旺盛ですので、自動車・中古パーツどちらも直接海外販売が行えるのは、廃車本舗のかなり大きな強味だと言えます。

人件費削減

廃車本舗は合理的にコストカットを行い、それを買取価格に直接反映させる事で高い人気を誇っています。このコストカットは人件費も同じで、合理的にカットされています。ただ、闇雲に人員整理を行っている訳ではありません。

廃車本舗に廃車買取を依頼すれば、非常に経験や知識豊富な専門スタッフが担当となり、廃車完了まで責任をもって対応してくれます。ではどこで人件費をカットしているのか?

その秘密は営業時間にあります。

クルセルで比較して気づかれた方もいると思いますが、意外と多くの廃車買取専門店は、「24時間受付」を謳っています。多忙な方にとっては非常に便利なシステムですが、これは24時間スタッフを常駐させる必要があり、コスト的にはかなり大きな負担になります。

廃車本舗では、敢えてこの24時間受付を行っていません。それは圧倒的多くのユーザーが、廃車を依頼を日中に行っているからです。老舗ならではの長い経験から培われている合理化だと言えます。こういった日々のコストカットの積み重ねも、廃車本舗の高価買取の秘密だと言えますね

まとめ

廃車本舗の高価買取の理由、それは外注せずに自社作業を行う事で余計な中間マージンをカットしている事、更に合理的なコストカットにあります。これを買取価格に反映している事こそまさに廃車本舗高価買取の秘密だと言えます。

もちろん廃車本舗人気の秘密は高価買取だけではありません。廃車の依頼から廃車完了までの一貫した専門スタッフの親切丁寧な対応も廃車本舗の人気を後押ししています。スタッフ一人一人が廃車に対して高度な知識と経験を持っているからこそ出来る対応です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です