ハイシャルで廃車買取人気ランキング

廃車代行会社をお探しですか?
【永久保存版】廃車買取業者おすすめ17選をまずご覧ください。廃車業者の比較と口コミを掲載しております。あなたにあった最適な廃車会社をお選び下さい。

0円以上の買取保証があるハイシャルでは、取り敢えずどんな状態の自動車でも廃車にお金がかかる事は一切ありません。そんな0円以上の買取保証があるハイシャルではどんな自動車の廃車依頼が多いのかランキング形式でご紹介いたします。

1、不動車

一般的に不動車とは、自分で走る事の出来なくなった自動車の事を指します。例えばバッテリーがあがりエンジンがかからない状態でも、不動車となります。これはバッテリーさえ交換すれば普通に自走可能となりますが、故障やトラブルによって走行が不可能になった車両を基本的には不動車と呼びます。長年使わずに放置していた車両は、基本的にエンジンはかからなくなっていますので、これらも不動車の扱いになります。

不動車の廃車で最も厄介なのでやはりレッカー費用です。自走できれば自分で簡単に買取店や解体工場に持ち込めますが、ゆうに1トンは超える動かない自動車の搬送はかなり労を要します。もちろん自家用で自動車を積載出来る自動車積載車を所有している方はほとんどいないでしょう。

ハイシャルはどんな状態の車両でも0円以上の買取保証がつきますので、もちろん不動車にも買取保証が付くため、レッカー代も引き取り費用も一切不要なのです。取り敢えず邪魔で動かなくなった自動車をお金をかけずに廃車にしたい方がハイシャルを利用する割合が最も高いと言えます。

2、事故車

事故によって受けたダメージの大きさや損傷個所によって、まったく自走できなくなった事故車もあります。広義の意味では事故車にも不動車が存在します。ハイシャルでは事故車であってももちろん0円以上の買取保証が付きます。事故車であっても修復後にリセールされる車両もあれば、解体し中古パーツとして再利用されるものもあります。また修復不能なダメージを負った車両は鉄資源として再生されますので、事故でどんなダメージを負った車両であっても基本的には廃車費用がかかる事はありません。もちろん事故のダメージの大きさや車種によっては、思わぬ高値で買取される事もあります。

3、水没車

自動車の中で最も修復が困難とされるのが水没車です。現在の自動車の多くの部品はほとんど電子部品で構成されています。電子部品はもちろん水に弱い為に、自動車が水没する事によって多くの電子部品はショートしてしまいほとんどが壊れてしまいます。またエンジン自体も水に弱い為に、エンジンまで冠水してしまうと基本的にエンジンを乗せ換える必要があります。このため、水没した自動車を再生するにはかなりの費用を要してしまう為、リセールが難しくなります。

そんな水没車であっても、ハイシャルでは0円以上の買取保証が付いて廃車に費用がかかる事はありません。水没車はだいたいが自走不能な不動車ですが、レッカー費用も無料です。例え水没車であってもパーツ取りを行い、最後は鉄資源として有効に利用する事によってハイシャルでは0円以上の買取保証を実現しています。

4、軽自動車

維持費の安さから新車入売台数が遂に普通車と並んだのは記憶に新しいですね。軽自動車の耐久年数もかなり伸びたとはいえ、やはりお手軽に乗り換えが出来る為に、廃車買取台数で言うとかなりの台数になります。古い軽自動車であっても、もともと税額が安いので重課されても普通車に比べるとかなり安い税額で済むために、余程走行距離が多い車両でない限りリセールする事が可能です。この点はハイシャルは買取価格に直接還元しているので、まだまだ走行出来る状態であれば意外な高値で買い取って貰えます。もちろん軽自動車の不動車や多走行な車両であっても、中古パーツの需要は旺盛にある為に、廃車買取価格は期待が持てます。

5、貨物車(トラック等)

現場や業務使いに大活躍の貨物車は、メンテナンスが行き届かずにかなり酷使されている車両が多く見受けられます。もちろん走行距離もかなり伸び、廃車買取依頼をする時はかなり酷い状態である事がほとんどです。

そんな貨物車ですが、どんな状態であってもやはりその品質の高さから新興国では引く手数多の状態です。一見廃車するしか方法の無いと思える状態の貨物車でも、新興国に輸出する事によりリセールが可能となります。新興国市場に複数の輸出ルートを構築しているハイシャルに貨物車の廃車買取査定を依頼すれば、ボロボロのトラックであっても他社では想像できない意外な高値がつく場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です